未来の恋人と出会うための方法


代わり映えのしない日常から抜けだそう

出会いが無いと嘆く人の多くはルーティーンな日常を繰り返しています。
毎日会社と家の往復。休日には女子会、または家でごろごろして終わらせてしまう。
そんな日々を過ごしながら出会いが無いと嘆いています。
ですが、出会いがないのはそのルーティーン生活のせいだと気がついていません。
まずは日々の出会いの輪を広げるために、この決められた行動を広げてみましょう。
新しい世界に飛び込むのは非常に億劫ではありますが、そこに非日常と刺激的な出会いが待っているかもしれません。
わざわざ新しい習い事を探すのはちょっと、という人は普段行かないところに行ってみるとか
行きつけのカフェを作ってみるとか、そんなちょっとした事でも脱ルーティン日常となります。

 

イメチェンで気分を変えよう

ファッションというのは自分の属性を決めるものであったりします。
カジュアル系の服、渋谷、原宿系のファッション。大抵似たようなファッションの人は同じようなファッションのグループ同士で固まっています。
コンサバティブなエグゼクティブ感たっぷりの女性が原宿ファッションの彼氏と並んで歩いたりはしません。
ファッションは自分の属性を決めるものですが、逆に言えばファッションの幅が広がる事によって新しい出会いに繋がる場合があります。
今までカジュアル系しか着なかったのなら、ちょっとフェミニンな大人っぽい服装にイメチェンしてみたりすると
そこからその服装にふさわしい出会いが産まれるかもしれません。

 

マイナスポイントを人に付けるのはやめよう

自分の理想像というものが人にはあります。無意識のうちに出会った相手をその理想と比較して、マイナスをつけていって
「こりゃ駄目だ」と切り捨てる事がとても多くあります。
そう言う人はなかなか恋人はできません。シビアに相手を採点してマイナスばかりつけていくからです。
ですが、直ぐに彼氏が出来るような人は、逆に加点式で相手をみています。「こんなところが素敵」「ここがすばらしい」相手の良い所
に目を向けてプラスの点数をつけていけば、途端に相手が自分の理想に近い事に気がつきます。
マイナス減点タイプの人は是非相手の良いところを探してプラスの点数を付けていくような物事の見方を試して

 

終わった恋は忘れましょう

なかなか恋愛出来ない人は、過去の恋に引きずられている場合があります。
例えば今ちょっと気になる人がいたとき、その人を昔の彼氏と比較してしまうのです。
「彼だったらここでこうしてくれた」だとか「彼ならこんな事を言わない」だとかです。
昔の恋愛は得てして美化されがちです。ですが別れた理由を思い出してみましょう。
相手の事をもう好きじゃなくなったとか、相手の嫌なところがあって別れたという原因が多いと思います。
そんな過去の恋愛と今の相手を比べる必要は全くない事に気がつくべきです。
終わった過去の恋は全て忘れて上書きしてしまいましょう。美化された過去の思い出は何を比較しても輝いて見えます。
そんな幻想のせいで新しい出会いの芽が摘まれるのはもったいなくありませんか?

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です